絶対ムリ!と思いながら、やり遂げた安堵感は格別

激辛コース:2週間滞在/40代前半


Q:≪激辛コース・16日間≫のオリジナルプログラム「SUNDAY街角オリエンテーリング」はいかがでしたか?

大変興味深かった。一番良かったのは、高級そうなコーヒーメーカーの専門店で、「試飲してくる」というお題。「絶対ムリ」と思いながら、やり遂げた時のあの安堵感は格別でした。「火渡り修行のほうが、まだマシ」と思うくらい、震えあがってしまいましたが、今となっては最高の思い出の1つです。

Q:≪激辛コース・16日間≫のオリジナルプログラム「オークランド大学聴講」はいかがでしたか?

「Academic English」についてですが、帰国して最初に出勤した日に、「これから絶対必要になる」ということで話し合いがありました!自分の仕事と(わずかですが)リンクしているので、体験できて本当に良かったと思いました。

Q:ホームステイには満足できましたか?

とても満足している。本当に優しくて大らかなご家庭に迎えられて、感謝しています。食事もおいしく、また色々と気づかってもいただきながら、なおかつ家の中で自由にふるまうことも許されました。本当に贅沢で幸せな2週間を過ごさせていただきました。

Q:語学学校には満足できましたか?

とても満足している。学校で使われている専門的な言葉を知ったことです。発音記号はSymbol、動詞の過去形のうち規則動詞はRegular、不規則動詞はIrregularなど。先生が遠慮のない速度で、機関銃のように話すのも(本当は普通よりゆっくり話しているのでしょうが(汗))、集中力が高まって良かったです。


Q:他の人にも勧めたいですか?

大変勧めたい。本当は、あまり人気が高くなると、参加が難しくなりそうで、誰にも教えたくないのですが。でも短期間でも本気で勉強したいという人には最適なコースだと思うので、おススメしたいと思います。特に、1日の学習内容にきちんとテーマがあることが良いと伝えたいです。

Q:その他のメッセージがあれば、お願いします。

流星のように流れ過ぎた、幸せな2週間でした。
英語力がないので、日記やエッセイなどの課題は時に辛く感じられることもありましたが、毎朝ベッドから飛び起きて、「今日も行くぞ!!」と思える、楽しい日々でした。
NZ出会えた、すべての人に感謝しています。

みんな本当にありがとう!!

Mikiko K.

<スタッフより>

「石をエイヤッと投げたらニュージーランドに落ちたんです・・・落ちた場所がとてもとても良くて・・・」と、最後のスカイタワーでのお食事のときに話していたMikikoさん。あまりニュージーランドへのイメージを持たずに渡航されたようですが、コースを無事終わられて「まるで夢のような2週間をありがとうございました」とおっしゃっていたのがとても印象的でした☆毎日、休み時間も一生懸命英語の学習をされていましたね。Mikikoさんの頑張りに私も思わずホロリとしてしまいました。これからも英語の学習を頑張ってくださいね。Mikikoさんにまたお会いできるのを私達ピリ辛スタッフ一同楽しみにしています♪

Akiko

どうしたら話せるかのKeyをつかんだ2週間

これを機に留学にもっと積極的になれた

私頑張ったんだ―って思うことができました

まるで“玉手箱”のような1週間でした

全てが初めての経験だったけど