本場でカヤック!

本気コース:30代

ニュージーランドに来て5ヶ月、「英語上達の役に立っているか」や「お金の節約」を考えない日はありません。そんな中、私にとってカヤックだけは別の存在。留学を決めたときからこのための貯金をして備えてきました。

ニュージーランドは国内各地にカヤックの名所があり、ここオークランドCityでもカヤックが楽しめます。Step3に入ってしばらくして、ピリ辛メンバーとRangitoto Islandに渡るガイドツアーに参加しました。奇跡的に4人のスケジュールが合い、初めて日本人だけで遊びに出かけました。初っぱなから行きたい方向に進めない珍道中っぷりで終止笑いっぱなし。

残念ながらあまりにSlowで手前の無人島に目的地変更を余儀なくされましたが、晴天の中大笑いしながら海を渡り、島の丘の上でハイキング、景色を楽しんだ後はガイドさんの用意した豪華なランチ(ぜひ参加してみてほしいので内緒)で4人とも大満足でした。その次も同じ日に入った別のピリ辛の友人がStep3に入ったのを見計らい、同じツアーに参加。残念ながら天候の悪化で帰りはフェリーになりましたが、無心でパドルをこぎ続けた心地よい疲労感、Rangitotoに渡った達成感、Rangitoto summitからの眺めの美しさにまたもや大満足でした。カヤックの到着場所からフェリー乗場までの遠い道のりを女性ガイドさんと私たち2人で重いカヤックを運ばなくてはならなくなったときは、ちょうど遠足で来ていた現地の恰幅のよい高校生たちと先生が運んでくれるというおまけ付き。素敵な思い出になりました。

先日は9日間の一人旅に出かけましたが、そこでも2回のカヤックを予定に組み込みました。残念なことにPictonでは最低催行人数が2人のガイドツアーに私以外の申し込みがなく不催行。Marlborough Soundsでのカヤックはおあずけとなりました。Abel Tasman National Park では雲一つない晴天に恵まれ、オーストリア、ドイツなどからのグループと一緒にTonga Island のオットセイを観察し周辺をカヤッキングするガイドツアーに参加しました。真っ青な空と透明度の高い青い海、Sun Bathingしている愛くるしいシール達に本当に癒されました。

ほかのグループは皆半日ツアーだったため、午後は私とガイドさんのマンツーマン。波が高くなり白波がたっている状態でしたが、ガイドさんとのダブルカヤックだったので心配無用。びしょぬれでちょっとしたアドベンチャーを楽しめました。旅の最後にはChristchurchのAvon Riverでシングルカヤックをレンタル。公園のアクティビティですが、私にとってはこれもれっきとしたカヤック(笑)。のんびりボートともすれ違いながら、舟遊びを楽しみました。

シーカヤックは川下りカヤックと違い初心者でも十分に楽しめます。また、山登りと同じで運動が得意でなくても一歩一歩(一漕ぎ一漕ぎ?)着実に前に進み、目的地に着いたときの達成感はひとしおです。
節約生活にもメリハリは必要ですし、これからもチャンスを作ってカヤックを各地で楽しむつもりです♪

Yoko Y.

<スタッフより>

渡航前からNZでカヤックを楽しみたいといっていたYokoさん、大自然いっぱいのNZでカヤックを満喫ですね。写真のエーベルタスマンも透き通るような青い海に青い空!素晴らしいお天気にも恵まれましたね。
私はリバーカヤックのみだけど、やっぱりYokoさんのように一漕ぎ、一漕ぎ自分の力で進んで行く感じが大好きです。残り少ない夏、まだまだカヤック楽しんで行きましょうね!

Akiko

不安な海外暮らしと新しい自分発見

相手の言葉が聞き取れるように!

ガイドのお仕事

大好きなコーヒーの香りに囲まれてお仕事

2度目のピリ辛で思いっきりEnjoy