気になるコースをクリック!本気コース本気ショートコース超初心者コース超初心者ショートコース激辛集中コース

コースの概要

早朝「発音特訓」から始まる英語集中コース。 「会話」に特化したマンツーマンレッスン付きで徹底的にあなたの会話力を特訓します!!

コース
激辛コース 9日間
開催地
ニュージーランド・オークランド
料金
2,280NZ ドル 
(2018年9月1日現在 1NZドル=約70円)

☆上記料金に含まれるもの
渡航前英語学習カウンセリング、渡航前課題、渡航前課題添削、ホームステイの手配、語学学校入学手続代行、日本人スタッフ空港出迎え、到着時オークランド市内観光、生活オリエンテーション、ホームステイオリエンテーション、語学学校入学金/語学学校授業料、ホームステイ滞在費(朝・夕食付)、各種補習料、打ち上げパーティー代、 帰国時空港送迎代
☆上記料金に含まれないもの
ニュージーランドー日本間往復航空運賃、通学のための交通費、昼食代、空港使用税、海外旅行傷害保険
期間
9日間(土曜出発→日曜帰国)
定員
最少催行人数 1名 /最大定員 6名
※各コース、先着10名様で締め切らせていただきます
対象
初心者〜中級者

>>激辛コース9日間 2019年開催スケジュールはこちら

 

コース
激辛コース 16日間
開催地
ニュージーランド・オークランド
料金
4,280NZ ドル 
(2018年9月1日現在 1NZドル=約70円)

☆上記料金に含まれるもの
渡航前英語学習カウンセリング、渡航前課題、渡航前課題添削、ホームステイの手配、語学学校入学手続代行、日本人スタッフ空港出迎え、到着時オークランド市内観光、生活オリエンテーション、ホームステイオリエンテーション、語学学校入学金/語学学校授業料、ホームステイ滞在費(朝・夕食付)、各種補習料、オークランド大学授業の聴講代、SUNDAY街角オリエンテーリング参加料、テスト代、打ち上げパーティー代、帰国時空港送迎代、
☆上記料金に含まれないもの
ニュージーランドー日本間往復航空運賃、通学のための交通費、昼食代、空港使用税、海外旅行傷害保険
期間
16日間(土曜出発→日曜帰国)
定員
最少催行人数 2名 /最大定員 6名
※各コース、先着10名様で締め切らせていただきます
対象
初心者〜中級者

>>激辛コース16日間 2019年度開催スケジュールはこちら

コースの特徴

(その他、「出発前の荷物」などに関する相談サポート/日本人スタッフ空港出迎え/到着後のオークランド「市内観光」/生活オリエンテーション/ホームステイオリエンテーションなどの『安心サポート』もすべてついています)

現地生活サポートに関しての詳細はこちらへ

1英語学習課題が渡航前から出ます!

レベルに合わせて、到着までにこなさなければならない英語学習課題を出します。Eメールを利用して週に1度提出していただき、添削指導します。(Eメールのない方は、添削指導ができない場合もあります。)到着日に確認テストを行います。

2英語で英語を学ぶことを体験できる語学研修!

想像がつかないかもしれませんが、語学学校では英語で英語を学びます。文法の授業もすべて英語で、テキストの問題文も全て英語で書かれています。さまざまな国から集まった生徒はみな、目的は「英語」。同じ目標を持った仲間だからすぐに打ち解けることができるでしょう。
この機会に世界中に友達を作りましょう!

3早朝発音特訓で日本人が苦手な発音を克服!

日本人がどうしても苦手な発音「L」と「R」、そして「W」に「V」。それ以外にも意外とできない「M」や「TH」、girlやthirdの「IR」も苦手です。「ear」と「year」の発音の違いは分かりますか? 日本語は母音が5つしかなく、子音のみで発音することもないため、根本的に英語とは発音の仕方が違います。これらを早朝、頭スッキリの時間帯にネイティブ講師が徹底的に特訓します。

4マンツーマン放課後補習で学校で分からなかったところも納得!

学校では英語で英語を学ぶため、質問しそびれてしまったり、気が付けば次の問題に移っていたりで、分からないまま授業が進んでしまっていることもあるでしょう。慣れない英語での授業にしっかりついていけるよう、分からないことはその日のうちに解決します。 マンツーマン補習では、日本人カウンセラーまたはバイリンガル講師が一人一人に細心の注意を払って納得するまで指導します。

5ホームステイ会話特訓でホストファミリーとの会話もばっちり!

ホームステイではホストファミリーが何を話しているのか分からず、ついつい部屋にこもってしまう生徒さんが多いです。それではホームステイをしている意味がありません。そうならないためにも、毎日必ずホストファミリーと話していただく会話の特訓をします。その日に特訓した表現を家に帰ってすぐに使います。練習⇔実践の繰り返しが、会話力を鍛えるには一番効果的な方法です。さらに、これでホストファミリーとも会話がはずみ、自然と仲良くなれます。

6フィールドワーク実践英語で、教室から出て実際にチャレンジ!

場面別に対話文の練習をします。その後、実際に外に出て練習した成果をすぐに発揮します。ここでも練習⇔実践の特訓です。カフェやホテル、インフォメーションセンターなど、教室とは違う実際の場面で、現地のスタッフの生の英語に触れ、緊張感いっぱいです。使える英語を練習し、すぐに使ってみることで、自信も度胸も倍増し、充実感たっぷりの盛りだくさんなレッスンです。これで、海外旅行も怖くありません。

7話すためのWRITING特訓で「言いたい」「話したい」を英語に!

スピーキングの仕上げとして、今度は自分の「言いたいこと」「話したいこと」を短時間で英語にする訓練をします。書くことで、スピーキングでついウッカリ間違えてしまうポイントを細かく抑え、自分の言いたいことを、辞書の英語ではなく、使える英語で表現する練習をします。

8ホームステイ課題が滞在中もあるので、完全集中特訓!

到着前からの課題に引き続き、滞在中もホームステイ先で取り組んでいただく課題があります。ホストファミリーとの会話課題、話すためのWRITING課題など、レベルに合わせて、担当のバイリンガル講師が課題を選択しますので、自分にぴったりで、しかも滞在中に活かせる内容です。もちろん、毎日添削指導も行いますので、疑問も即解決できます。

9オークランド大学講義の聴講!(16日間コースのみ)

第一週目の金曜の午後は世界中から集まる留学生と現地学生が見事に融和している、INTERNATIONAL UNIVERSITY、オークランド大学の講義を聴講していただきます。

10SUNDAY街角オリエンテーリング(16日間コースのみ)

フィールドワーク実践英語のいっかんとして、オークランド市内にCHECK POINTを設け、様々な課題に取り組んでいただきます。例えば、数か所の旅行会社に行って格安航空券の値段を比較、博物館の係員に聞いて指定の展示物の案内を日本語に訳したり、観光案内所で質問してみたりと、英語でユニークな課題に取り組んでいただきます。その回答は、月曜早朝に発表していただきます。

資料請求はこちら