ニュージーランドを知らない方のためにも、まずはニュージーランドを知ることから始めましょう

気になるニュージーランドの気候を詳しく紹介

四季 夏編/冬編 留学生の普段着

電気製品 持参?現地で購入?

気になるニュージーランドの生活を紹介

バス 電話・インターネット フラット 日本食

ニュージーランドの気候

気になるニュージーランドの気候を詳しく紹介

1気候・四季

気候

ニュージーランドと東京の月別平均気温ニュージーランドは西岸海洋性気候に属し、温暖、年間を通してほどよく雨が降り、日照時間がほとんどの地域で長いのが特徴です。
1日の天気の移り変わりが激しく、晴れたと思ったら急に雨になることも多々あります。 気温も、「1日の間に四季がある」と言われるほど1日の中で気温差が激しく、季節を問わず朝・夕は冷え込みます。 夏でも長袖が必要な時がよくあります。
また、ニュージーランドは南半球にあるため、日本と逆で平均気温は南へ下がるほど低くなっていきます。 季節も逆になり、2月が一番暖かく、7月が一番寒い時期になります。

四季

1年を通しての気温は日本に比べると温度差が8〜9℃と小さく、 真夏・真冬の暑さ寒さは日本ほどではありませんが、四季があります。

春:

9月から11月までの春の季節は、凍るように寒い日もあれば、汗ばむ暑い日もあります。 春の訪れを待っていたかのように、つぼみが花開き、全国で様々な新しい生命が誕生します。 生まれたばかりの子羊は春を喜び祝うかのように、夕暮れまで広い牧場で戯れています。

夏:

12月から2月にかけて、ニュージーランドは気温の高い、太陽の日差しを楽しめる夏の季節になります。 日は驚くほど長く、日差しが強いのが特徴です。しかし、夜は比較的穏やかで寝苦しいほどではありません。 夏はブッシュウォーキングをはじめ、様々なアウトドア・アクティビティを楽しめる絶好の季節です。 ニュージーランド全国にあるたくさんのビーチでは、海水浴や日光浴はもちろん、サーフィンやボート乗船などのマリンスポーツを楽しめます。

秋:

3月から5月にかけて、ニュージーランドは秋の季節となります。夏よりもいくらか気温が下がりますが、 天候は安定しており、暖かい地域では4月まで泳ぐこともできます。ニュージーランド原生の木々は常緑樹ですが、 外来種の多くは落葉樹です。周囲を美しく彩る紅色や黄色の葉で紅葉を楽しむことができます。

冬:

6月から8月にかけて、ニュージーランドには寒い冬が訪れます。北島のほとんどの地域では雨が多くなります。 頂上から裾野にかけて雪が積もり、美しい姿を現す北島、南島の山々では、スキーを楽しむことができます。 南島の冬は北島よりも気温が低く、雨がほとんど降らない地域もあります。雨が降らなければ、氷河や雪を冠する山々など、 南島ならではの美しい景観を望むには絶好の季節ともいえます。

2LaLa Abroad チェックポイント 夏編・冬編

  夏編

チェック1:
夏でも室内は寒い

日本でも夏なのにデパートの中やスーパーの中が寒すぎるー、、なんてことがよくありますよね。 ニュージーランドでも同じです。NZ人は寒さに強く暑がりなので、夏の室内は冷房がかなり効いています。 語学学校の授業中、異様に寒いなんてこともよくあります。女性は寒がりの方が多く、特に足元が冷えますのでジーンズなどのパンツスタイルがお薦めです

チェック2:
家庭には
冷房なし

ニュージーランドの夏は日本ほど気温が上がりません。日差しが強いため、日が当たる場所はとても暑いことがありますが、 家の中などで窓を開けて風を通すことができる場合は冷房なしでも快適に過ごせます。ホームステイ先のリビングでくつろげる薄手のリラックス服があると◎。

チェック3:
紫外線に
要注意

ニュージーランドは他の国々と比べても比較的大気汚染が少なく、極地に近いほどオゾン層が薄くなっていることもあり、 紫外線は日本の6〜8倍ともいわれています。紫外線はお肌の大敵なので、SPF効果のある化粧下地、ファンデーションを持参することをお薦めします。 また、紫外線から髪を守るヘアケア剤もあれば◎。

  冬編

チェック1:
ホームステイの部屋は寒いオークランド

オークランドの場合、冬はそこまで寒くなりません。とはいっても冬ですのでそれなりに寒いのですが、 NZ人は暑がりの人が多いからかリビングにしか暖房器具がないという家庭が多いです。すると、リビングにいる時はいいけど、 自分の部屋で勉強する時や就寝の時に「寒〜〜い」となります。厚めの靴下や重ね着のできる厚めの上着などをご持参ください。

チェック2:
雨の
オークランド

夏に雨が多い日本とは逆でNZの北島では冬に雨が多くなります。雨が降ったり止んだりとうっとうしい天気が続きます。 そこで必ず必要なのが「折りたたみ傘」。日本製では軽量で品質の良いものが安価で売っていますので日本から持参されることをお薦めします。 また、雨で汚れても良く、帰る時に捨ててもよいような靴があれば帰りの荷物を減らすこともでき、良いでしょう。

3オークランド留学生・重ね着スタイル

気候のことは分かったけれど、具体的にはどんな服を持っていけばよいのか分からない方のために一般的な留学生の普段着をお教えします。

とにかく1日の寒暖の差が激しいニュージーランドで快適に過ごすためには脱ぎ着のしやすい『重ね着』を極めましょう。

ボトムス

ニュージーランドでは歩く機会がかなり多いのと、足が冷えないようパンツスタイルがお薦めです。1年を通してジーンズや綿、コードュロイのパンツを色違いで持っていると合わせやすくて便利。

寒がりさんは、冬、パンツの下に履くためにストッキングやタイツを持参した方がよいかも。

トップス
- 春 -

日差しが強い時は夏のように暑く、日の当たらない場所は冬のように寒い

○基本 :長袖Tシャツ、長袖カットソー
○上着 :トレーナー地のパーカー、ウール地の上着・カーディガン
○アンダー:(寒い日)半袖Tシャツor長袖ばば(暖かい日)何も着ないorキャミソール

トップス
- 夏 -

屋外で昼間は真夏を感じる暑さだけれど、朝・夕や室内は冷房が効いてて寒い

○基本 :半袖Tシャツ、キャミソール、長袖Tシャツ
○上着 :(基本が薄着の場合) トレーナー地や綿の上着・カーディガン
     (基本が長袖の場合) 薄手の綿の上着・カーディガン
○アンダー:(寒い日)キャミソール (暑い日)何も着ない

トップス
- 秋 -

冬の到来を感じる寒さ。日差しが弱くなり4月中旬を過ぎると日中も急に冷え込みます。

○基本 :トレーナー、セーター(暖かいが洗濯に手間)
○上着 :(寒い日) トレーナーやセーターの上にはおれる薄手の上着
○アンダー:(寒い日)長袖ばば (暖かい日)キャミソールor半袖Tシャツ

トップス
- 冬 -

あまり寒くはならないとはいっても、日本の冬と同じような服装は必要

○基本 :トレーナー、セーター(暖かいが洗濯に手間)
○上着 :コート、ダウンジャケット
○アンダー:(寒い日)長袖ばば(暖かい日)キャミソールor半袖Tシャツ
○防寒 :マフラー、ストール、カイロ

とにかくよく歩くのでスニーカー。または歩きやすい靴。



電気製品 持参?現地で購入?

>>ニュージーランドの電圧について