叱咤されたあの日、私の歴史は動いた

本気コース: 1年間滞在 / 20代後半

Q:「ピリ辛留学」に参加していかがでしたでしょうか?その他、メッセージがあればお願致します☆

1年間、本当にお世話になりました。私は今回のワーホリで今後の目標(夢)が見つかったこともあり、人生のターニングポイントを迎えたと思っています。そうなったのも、間違いなくピリ辛スタッフさん方のアドバイスがあったからです。10月に「もうお金がないから日本に帰ろうと思う」と言った私に「今帰ったって絶対に日本で勉強はしない。お金が無いなら南島に行って稼げ!」とKomatsuさんに、「所持金が100ドルになるまでは仕事探しを続けなさい、それまでは帰って来ちゃダメ」とAkikoさんに叱咤されたあの日に、私の歴史は大きく動いた(大げさな表現ですが本気です(笑))と思っています。

1年間の中で一番英語学習に身を入れたのも、目標が見つかったのも、素晴らしい職場仲間と出会えたのも、すべてその後でした。もし、あの時に帰ってしまっていたら、今回のワーホリは「旅行+αのちょっとしたバカンス」程度で終わり、英語も「旅行に困らない程度に、少し瞬発力がついたかな?」くらいで、その後再び衰えていくだけだったと思います。あの時ひきとめられていなかった人生を想像すると恐ろしいくらいです。

そして、帰ろうとした人間に「今帰ってはダメだ!」とあれだけ真摯に説得してくれるエージェントさんがどれほど珍しく、有難い存在であるかを考えると、心の底からピリ辛を選んで良かったと、感謝してもし尽くせません。「英語を上達させたい。自分を変える何かを見つけ出したい」という私(達)の気持ちを最大限に尊重して、よい結果が得られるよう、一歩踏み込んだ上でのアドバイスをくれます。その分厳しいこともバンバン言われますが、大人になってから、誰かにそんな風に言ってもられること自体稀有なことです。

帰国前に、これからの目標をKomatsuさんに話した時に「諦めろとは言わないけど、正直それはめちゃめちゃ難しいよ」と言われたことも最高の餞別だと思いました。「それは良いね。」「頑張って。」と耳触りのいい甘い言葉を安易にくれないところが”ピリ辛留学”、そしてそんなピリ辛留学だからこそ、信頼できるし、好きだなぁと感じます。本当にありがとうございました。次はオーストラリアでのワーホリを楽しんできます!

Q:今、留学を考えていて英語が話せるようになりたい日本の女性にアドバイスするとしたら何と言いますか?

留学の日に備えて、今日から勉強を始める。まずは5~15分/日でいいから、とにかく何かやる!始める!私自身は、渡航前にリスニングを鍛えておくべきだった・・とものすごく後悔しています。

Q:今、NZ滞在中のピリ辛の後輩に残りの滞在方法をアドバイスするとしたら何と言いますか?

帰国後に備えて、英語学習の習慣作りをしておくと良いと思います。私は南島生活中、出勤前の1時間、英語の勉強を毎日やって、おそらくそのサイクルが身についた(はず!!)なので、日本でもそのまま続けられるぞ!!という自信がもてています。

(2015年2月帰国)

不安な海外暮らしと新しい自分発見

相手の言葉が聞き取れるように!

2度目のピリ辛で思いっきりEnjoy

不安に思っている人におススメ

私の日本の友達はみんなびっくりしています

不安な海外暮らしと新しい自分発見

相手の言葉が聞き取れるように!

ガイドのお仕事

大好きなコーヒーの香りに囲まれてお仕事

2度目のピリ辛で思いっきりEnjoy