自分でもびっくり!私が5ヶ月も生活できたなんて

超初心者コース:5ヶ月滞在 / 30代前半

もうすぐ帰国の日が近づいてきている今、私が5ヶ月もNZで生活できたなんて・・自分でもびっくり!!そしてあっという間の日々だったなぁと思います。NZで英語の勉強をすると決めてから、不安とドキドキでいっぱいだった私は、あれも・・・これも・・・と荷物をいっぱいかかえて飛行機に乗りました。全てが初めてづくし、初めての1人飛行機、初めての1人海外、実家をでるのも初めての私は、とりあえず身の回りの物を全部持って行くことで少し不安を解消させようとしていたのかな・・(今思うとですが)・・と思います。

NZに到着して、「本当に来ちゃったぁぁ・・」「どうしよう・・」「私は大丈夫かなぁ・・」と思っている時に、ピリ辛のスタッフや同じ留学生のメンバーの子と合流してほっとしたのを覚えています。初めの2週間は超初心者研修を受け、バスの乗り方から銀行口座の開設、携帯電話の購入、道の尋ね方、買物の仕方・・といろいろ教えてもらいとても心強かったです。フィールド・ワークで店員さんに声をかける練習も、人見知りの私にはとてもいい機会でした。そして研修も終わり、いよいよ本当の海外デビュー!?語学学校のスタートを控えて優柔不断の私はまた悩んで悩んで・・今の学校に決めました。

私のNZでやりたいことリスト①外国人の友達を作る!自分からクラスメートに声をかけよう!笑顔、笑顔と自分に言い聞かせて臨んだ初日。先生やクラスメートの言っていることや話しかけてくれる内容も何を言ってるか分からず固まってしまう私に、みんなにっこり笑って何度も繰り返して話してくれたり、私のたどたどしい英語をゆっくり聞いてくれたりと温かく迎えてくれました。クラスが変わって友達も先生もクラスメートが変わってもそれは変わらなく、なかなか友達ができない・・と落ち込んでいた私にも、一緒にご飯したり出かけたり・・お互いの近況報告をし合う友達を作れたことにこの学校を選んで良かったなぁ・・と、おしゃべりが苦手な私に外国で友達ができたっ!とこれまたビックリです。

12週間の学校生活を終えたら、次、やりたいことリスト②幼稚園でのボランティアに向け、CV作りやメールを送るなどしてチャイルドケアセンターでボランティアができることに!海外の幼稚園はどんな事をして毎日過ごすんだろう・・と楽しみな反面、ちゃんとボランティアとして役にたてるのだろうかと心配をくり返す日々でしたが、私の名前を覚えてくれる、遊びに誘ってくれる、先生って呼んでくれる・・と少しずつ子供たちとの距離が近くなっていくことがとても嬉しかったです。そして先生がどうやって子どもたちに声をかけているのか間近で聞くことができてとても勉強になりました。ABCの発音から、絵本を見たり聞いたり、言葉を反復したり、手遊びをしたりとmat timeでは私も子供達の中に混ざり、子供になった気分で一緒に楽しむことができ、こうやって子供達は英語を学んでいくんだなぁと知ることが出来ました。またNZに来たら戻っておいでと声をかけてくれた先生たちに、最後にお別れの歌を歌ってくれた子どもたちに、もっと英語が上手になってまた会いに行けるといいなぁと思いました。   (やりたかったことリスト③に続く)

Madoka S.

<スタッフより>

Madokaさんはとっても優しくて、穏やかで、いつもちょっぴり不安げだったけど、気がつけば渡航前に目標に掲げていたことぜ~んぶしっかりやり遂げていますよ。こころ優しいMadoちゃんの側にはいつだってお友達がいて励ましてくれて、思わず手を差し伸べたくなっちゃう(^-^)。それもきっとMadoちゃんの人望ならではと思います。Madoちゃんこれからも頑張って! 応援しています。

Akiko

不安な海外暮らしと新しい自分発見

どうしたら話せるかのKeyをつかんだ2週間

相手の言葉が聞き取れるように!

ガイドのお仕事

インターンシップを終えて

不安な海外暮らしと新しい自分発見

海外で初めてのドライブ

不安に思っている人におススメ

私の日本の友達はみんなびっくりしています

きっとこの学校で良かったと思える日を信じて